国民年金納付率が9年連続上昇 全額免除・猶予は最多に

新型コロナウイルス

滝沢卓
[PR]

 2020年度の国民年金の保険料納付率は71・5%と、前年度から2・2ポイント増えた。上昇は9年連続。一方で、新型コロナウイルス感染拡大で収入が減った人も多く、保険料を全額免除・猶予された人の数は609万人で過去最多となった。

 厚生労働省が28日発表した。納付率は本来支払う月数のうち、支払われた月数の割合を示す。フリーランスや自営業者、一部の短時間労働者、無職の人など、国民年金の第1号被保険者の状況を集計した。

 納付率が上昇しているのは、まとめて支払うと保険料が割引される仕組みの導入や、クレジットカードやコンビニ払いなど、納付方法が多様になっていることなどが背景にある。

 20年度の第1号被保険者は前年度から4万人減り、1449万人だった。収入が減るなどの理由で20年度に国民年金保険料の支払いを全額免除や猶予された人は、このうち4割以上にあたる609万人で、これまで最多だった13年度(606万人)を上回った。新型コロナウイルスの影響で収入が減ったことが要因の一つとみられる。この609万人は、保険料の納付率の計算には含まれていない。滝沢卓

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]