70歳以上感染者、10分の1に 知事「ワクチン奏功」

新型コロナウイルス

[PR]

 愛知県は28日、20人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。うち名古屋市は5人だった。1日あたりの新規感染者が20人以下になるのは3月15日(15人)以来。

 6月27日夜時点で新規陽性者は過去7日間平均で65・6人まで下がり、県独自の指標で最も低いステージ1(50人未満)が視野に入ってきた。入院患者は367人(病床使用率23・8%)、重症者は27人(同18・5%)。

 特に減少しているのは70歳以上の高齢感染者だ。5月20日に過去7日間平均で63・9人だったのが、6月27日に6・3人まで減った。県内の高齢者187万3042人のうち125万3323人(27日時点)が1回目のワクチン接種を終えたことが「功を奏した」(大村秀章知事)とみられる。接種率は全国4番目の66・91%。

 また、政府が25日夕から申請を一時休止している職域接種は、最終的に414会場で152万7137人分が申請された。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]