野村克也さん、色紙へのこだわり 野球に学び、楽しむ

有料会員記事

木村健一
[PR]

 プロ野球の監督や解説者を務めた野村克也さん(享年84)を、亡くなるまでの4年間、マネジャーとして支えた女性は達筆な毛筆でつづった色紙を思い出す。

 「野球(しごと)に学び 野球(しごと)を楽しむ」

 野村さんはサインを頼まれると、いつも筆ペンを走らせた。晩年は色紙にこの言葉を好んで添えた。「野球」に「しごと」とふりがなをふった。

 「野球が本当に大好きだったんだと思う。無趣味で、『野球以外には楽しみがない』と。ゴルフもギャンブルもされなかった」

 女性マネジャーは、サインに言葉をつづるのが負担になると心配だった。野村さんに「サインだけでも大丈夫ですよ」と言うと、こう返された。

 「せっかくもらってくれる方…

この記事は有料会員記事です。残り777文字有料会員になると続きをお読みいただけます。