「感染者減る要素ない」 五輪中に「第5波」直撃の懸念

有料会員記事新型コロナウイルス

池上桃子、岡戸佑樹 石塚広志
[PR]

 7月23日に東京オリンピック(五輪)の開幕を控える東京都内で、新型コロナウイルスリバウンド(感染再拡大)が起きつつある。新規感染者数は28日までに9日連続で前週の同じ曜日を上回った。増加のペースは上がり続け、五輪期間中に「第5波」が襲う懸念が高まっている。

 「前週の同じ曜日と比較して100人前後増加している。人流がかなり増えている状況からいくと、増加傾向が強まることを危惧している」。26日夜、感染状況を説明した都の担当者は危機感を示した。

 リバウンドの傾向は、3度目の緊急事態宣言の解除とともに顕著になり始めた。

 宣言最終日の20日の感染者数は376人と、前週の同じ日曜日と比べて72人増加。それ以降、同じ曜日を上回る日が9日続き、特に22日から26日までは前週と比べ98~146人の大幅な増加が続いた。新規感染者の週平均の前週比も20日の101%から28日は124・8%まで上昇した。

 今週以降もこの状況が続けば、政府や都の対応に与える影響は大きい。7月11日に期限が迫るまん延防止等重点措置を延長するかどうかは、五輪の観客問題に直結し、日々の感染状況が大きな影響を与える。重点措置延長となると、無観客での開催を求める世論がさらに高まるのは必至だ。

都医師会「感染の波は避けられない」

 ただ、感染拡大の火種となる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]