ベルばら4強そろって熱唱 寺田瀧雄の愛のメロディー

有料会員記事

河合真美江
[PR]

 この人のメロディーなくして、愛の宝塚はなかった。そう思わせるステージだ。寺田瀧雄没後20年メモリアルコンサート「All His Dreams“愛”」が6月26日、梅田芸術劇場大阪市)で開幕。宝塚歌劇団の元トップスターらが名曲を歌いあげた。

 ひと呼んで「宝塚のモーツァルト」。寺田は1956年に入団し、3千曲以上を作曲した。その芝居やショーの代表曲を宝塚OGらが1曲1曲歌う。安奈淳(あんなじゅん)は「愛の宝石」、続いて汀夏子(みぎわなつこ)が「アマール・アマール」……この日は約40曲が披露され、当時の舞台がよみがえった。

 「ベルサイユのばら」初演時のレジェンド4人、「ベルばら4強」もせいぞろいした。

 愛それは甘く……。鳳蘭(お…

この記事は有料会員記事です。残り874文字有料会員になると続きをお読みいただけます。