五輪で来日、バイデン氏に打診するも 妻ジル氏軸に調整

有料会員記事

佐藤達弥、小野太郎、ワシントン=園田耕司
[PR]

 来月の東京五輪開幕に合わせて、バイデン大統領の妻ジル氏が来日する方向で、日米両政府が調整に入った。複数の日本政府関係者が明らかにした。菅義偉首相日米首脳会談バイデン氏の来日を打診したが立ち消えに。代案として、ジル氏が浮上した形だ。

 菅義偉首相は3月の参院予算委員会でバイデン氏を五輪に招待するかと聞かれ、「当然そういうことになる」と意欲を示した。首相官邸幹部によると、首相は4月の日米首脳会談でバイデン氏の来日を打診したが、明確な返事はなかったという。菅首相とはワシントンで会談し、米側にとっては本人の日本行きに親善以上の意義はなく、当初から想定していなかった。

「盛大な五輪開催の格好はつく」

 日本側には政権ナンバー2のハリス副大統領の来日を期待する声もあるが、ハリス氏は中米からの不法移民問題の責任者として対応に追われており、簡単ではない。新型コロナウイルスの感染状況なども見つつ、ジル氏を軸に調整が行われる見通し。日本にとって、相応の米要人の来日が大会成功の演出には必須。日本政府関係者は「ジル氏なら盛大に五輪を開催できたという格好はつく」と語る。

 米国はこれまでも、各国の首…

この記事は有料会員記事です。残り507文字有料会員になると続きをお読みいただけます。