(SKE48のfor you特別編)細川たかしの亡き妻演じる大舞台 松本慈子

有料会員記事

聞き手・小原智恵
[PR]

 SKE48の松本慈子(ちかこ)さんが名古屋・伏見の御園座である細川たかし特別公演(7月16~21日)の芝居「あの海の向こうへ~細川たかし誕生物語~」に若き頃の細川たかしさん(彩青(りゅうせい)さん)の妻で2018年に亡くなった和子さんの役で出演する。北海道を出て上京する時に背中を押した和子さんの役と、SKE48のチームSリーダーを務める松本さんの後輩の後押しの仕方などを聞いた。

 ――これまでの舞台の経験について教えてください

 16年に名古屋・中日劇場であったミュージカル「AKB49~恋愛禁止条例~」はアンサンブルとして出演し、セリフはありませんでした。昨年あったコント劇にはSKE48のメンバーとともに出演しました。

 ――芸能プロダクションの社長として加藤雅也さんが出演するなど、大御所の方たちとの共演です

 信じられなかったですね。昨年の冬、ミュージカル「ローマの休日」を御園座に見に行かせていただいたんですけど、すごくきれいでびっくりしましたね。「まさか自分がそこに立つ日が来るなんて」という感じです。

 ――今回の役どころは

 今回は細川たかしさんの妻・和子さんの若いときを演じさせていただきます。この前、お稽古したときに聞かせていただいたのは、細川さんより年上の方で、強く、細川さんを引っ張っていた女性だということです。考えていた女性像とは違う感じでした。私とは全然違うタイプの女性だなと思いました。

 ――とはいえ、チームSのリーダーとしてぴったりな役ではないでしょうか?リーダーとして後輩、チームをどのように育てていますか

 リーダーになってみると大変…

この記事は有料会員記事です。残り1436文字有料会員になると続きをお読みいただけます。