• アピタル

愛知県、まん延防止対象区域を4市に縮小 来月3日から

新型コロナウイルス

小林圭
[PR]

 愛知県は29日、新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」の対象になっている14市町を7月3日から名古屋、豊橋、小牧、蒲郡の4市にすると発表した。期間は従来の7月11日までとしている。

 県によると、4市は今月1日~27日の人口10万人、1週間あたりの新規感染者数が国の指標でステージ3(感染急増)を超えており、名古屋、豊橋、小牧の3市は今月21日からの継続。これまで対象でなかった蒲郡市は、クラスター(感染者集団)の発生で感染者が増えたため新たに加える。

 この日、記者会見した大村秀章知事は「重点措置の対象見直しは今回限りだ」として、7月11日までのさらなる変更は否定した。重点措置の対象区域では飲食店に酒類の提供は午後7時まで、営業時間は午後8時までと求めている。対象でない区域でも午後9時までの閉店を求めている。(小林圭)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]