五輪PV、被災地4県でも中止 人流抑制のため 都発表

軽部理人
[PR]

 東京都は29日、東京オリンピック(五輪)・パラリンピック期間中に東日本大震災熊本地震の被災地4県で予定していたパブリックビューイング(PV)について、都が主催する全会場での開催を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染対策で人流を抑制するためだとしている。

 都によると、PVを中止するのは盛岡市の盛岡城跡公園とJR盛岡駅前▽仙台市勾当台公園福島県会津若松市の鶴ケ城公園と同県いわき市アクアマリンパーク▽熊本市熊本城ホール。

 いずれも、競技の体験ができるコーナーや大会パートナー企業の出店が併設される「ライブサイト」と呼ばれる施設を計画していた。

 だが、新型コロナ感染予防の観点から、仙台市が中止を求める要請書を都と大会組織委員会に提出するなどしていた。都はPVの代替策として、インターネットを活用した大会の盛り上げ方法を検討するという。

 東京都小池百合子知事は19日に都内でのライブサイトを中止すると表明しており、都主催のPVは全て中止となった。軽部理人