日記つけて心身をコントロール

有料会員記事

神田明美
[PR]

 新型コロナウイルスの流行で、日常生活や仕事をとりまく環境ががらりと変わった。ストレスを感じながら過ごしている人も多いのではないか。そんな日々の暮らしに「日記」を取り入れてみてはどうだろうか。健康にプラスになるとして、医師が勧める効果的な日記の書き方がある。

 「3行日記」を書くことを勧めるのは、順天堂大学教授で順天堂医院総合診療科医の小林弘幸さんだ。①今日いちばん失敗したこと、②今日いちばん感動したこと、③明日の目標――の順番で1行ずつ合計3行、夜寝る前にゆっくりと書く。「3行日記をつけると、体のライフラインである自律神経が整い、心身をコントロールできるようになる」と小林さんは言う。

 自律神経は、内臓や血管などの働きを調整したり、代謝や体温を整えたりする神経で、「交感神経」と「副交感神経」がある。交感神経は、車に例えるとアクセルの働きをし、活動している時間帯は交感神経が優位になる。副交感神経はブレーキの働きをし、リラックスしている時や夜に寝ている時間帯には副交感神経が優位になる。

 ストレスなどで、交感神経と…

この記事は有料会員記事です。残り975文字有料会員になると続きをお読みいただけます。