幻の昆虫タイワンコオイムシ、国内で56年ぶり再発見

有料会員記事

安田朋起
[PR]

 国内では絶滅したと思われていた水生昆虫タイワンコオイムシが56年ぶりに再発見された。沖縄・石垣島で見つかった1・6センチのメスで、学術誌に報告された。

 淡水魚の生態が専門の鹿野雄一・九州大准教授が2014年、魚類調査中に採取した。普通のコオイムシと区別がつかなかったが、標本にして保管していた。

 コオイムシは湿地や田んぼなどに生息するカメムシの仲間。体長は2センチほど。国内では北海道から九州でみられ、オスが卵を背負う姿で知られる。一方、タイワンコオイムシは台湾や中国、東南アジアなどに広く分布。体がひとまわり小さく、縁が白っぽい。国内では沖縄本島与論島で報告があるが、確実な採取例は1958年が最後。環境省のレッドリストでは絶滅の可能性が極めて高い絶滅危惧1A類だ。

56年ぶり「再発見」のきっかけは

採取した鹿野さんは、水生昆虫が専門ではありません。「再発見」につながったのは、ふとしたきっかけからでした。

 再発見のきっかけは、旧知の…

この記事は有料会員記事です。残り456文字有料会員になると続きをお読みいただけます。