あのスナックカー、また乗れる 愛称の由来はもちろん…

有料会員記事

朝倉義統
[PR]

 「新スナックカー」の愛称で親しまれ、2月に定期運行を終えた近畿日本鉄道の車両「12200系」に乗れるツアーが、相次いで企画されている。

 愛称の由来は、初期の車両に設けられていた飲食物を提供するスナックコーナー。1969~76年に168両が造られた。当時としては先進的なリクライニングシートや洋式トイレを採用していた。オレンジ色と紺色の車体が特徴で、皇族が伊勢神宮伊勢市)に参拝する際にもよく利用され、75年には英国のエリザベス女王も乗車した。

 旅行会社クラブツーリズムは…

この記事は有料会員記事です。残り405文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら