藤井聡太王位、防衛戦第1局が始まる 険しい中盤戦に

村上耕司
[PR]

 藤井聡太王位(18)=棋聖と合わせ二冠=に豊島将之竜王(31)=叡王と合わせ二冠=が挑戦する将棋の第62期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)の第1局が29日、名古屋市中区名古屋能楽堂で始まり、午後6時、豊島竜王が48手目を封じて1日目が終わった。すでに駒がぶつかり、険しい中盤戦を迎えている。

 開幕戦ということで振り駒が行われ、初防衛を目指す藤井王位が先手番に決まった。互いに飛車先の歩を突き合い、相懸かりの戦型に進行。中盤、藤井王位が1筋の歩を突っかけると、豊島竜王はそれに応じず9筋の歩を突っかける。両者とも「我が道を行く」かのように端歩を取り込み、本格的な戦いが起こりそうな局面で封じ手となった。

 持ち時間各8時間の2日制で、30日午前9時に再開し、同日夜までに決着する見込み。村上耕司