• アピタル

集団接種の会場運営どうすれば 藤田医大病院が解説動画

木村俊介
[PR]

 愛知県新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場になっている藤田医科大病院(愛知県豊明市)が、集団接種をする際の会場運営のノウハウを詰め込んだ動画をつくった。集団接種を実施する自治体や企業向けで、10分半の構成になっている。病院のウェブサイト(https://hospital.fujita-hu.ac.jp/topics/covid-19vaccinemovie.html別ウインドウで開きます)から無料で視聴できるほか、DVDでの配布も可能という。

 病院では3月から医療従事者への接種を、5月下旬からは大規模接種会場として高齢者らのべ約3万人に接種をしてきた。つくった動画では、受付から予診、接種後の観察まで配慮すべき点や注意点を解説。これまでの経験から得た知識を盛り込んだという。

 通路は車いすの人が通れるよう広く、フロアには足跡マークを付ける。予約時間より早めに来る人が結構いるため待機スペースを設け、高齢者が聞き取りやすいよう受付にスピーカーを置く。受付で持病や服薬でチェックがあると付箋(ふせん)を貼る。接種後の観察のための待機場所では、接種した後の注意事項を知らせる映像を流すという。

 岩田充永副院長は「これまでの接種で培った経験をもとに動画をつくった。今後、集団接種に携わる方々がスムーズに運営できるよう活用いただきたい」と説明している。(木村俊介)