司法試験9回、左遷も 大統領選出馬の韓国前検察トップ

有料会員記事

ソウル=神谷毅
[PR]

 韓国の尹錫悦(ユンソクヨル)・前検事総長(60)が29日、来年3月の大統領選に立候補する意思を表明した。文在寅(ムンジェイン)政権との激しい対立で注目を集めた尹氏は、野党勢力の中で世論の支持が最も高い。

 韓国で1980年に軍が民主化運動を弾圧した「光州事件」。この事件をめぐり、ソウル大の法学部に在学していた尹錫悦(ユンソクヨル)氏は、大学の模擬裁判で検察官役を務め、軍を指揮した全斗煥(チョンドゥファン)大統領に死刑を求刑したことがある。その後、司法試験に8回失敗。91年に合格し、検察官となった。

 その後、常に時の権力を捜査してきた逸話は韓国では有名だ。金大中(キムデジュン)政権の99年には、当時の警察の大物を収賄の疑いで捜査。その後の盧武鉉(ノムヒョン)政権下でも大統領側近や、現代自動車グループの鄭夢九(チョンモング)会長を対象とする捜査を現場でリードした。

 朴槿恵(パククネ)政権の1…

この記事は有料会員記事です。残り1066文字有料会員になると続きをお読みいただけます。