• アピタル

新型コロナ「男性の方が重症化」裏付け 米研究チーム

小坪遊
[PR]

 男性の方が女性より新型コロナウイルス感染症で重い症状に陥るリスクが高い――。そんな調査結果を米国の研究チームがまとめ、6月30日、科学誌ネイチャーの関連誌(https://doi.org/10.1038/s43856-021-00006-2別ウインドウで開きます)に発表した。

 過去にも、男性の方が重症化や死亡する率が高いことは指摘されていたが、男性に多い基礎疾患の影響なども考えられた。そのためチームは、純粋に性別がリスクになるかどうか、ニューヨーク市の新型コロナウイルスによる18歳以上の入院患者について、性別や基礎疾患によって重症化リスクが異なるか調べた。

 感染拡大初期から2020年8月5日までの4930人では、年齢や人種、基礎疾患などの影響を考慮しても、男性であることはリスク要因であることが判明。新型コロナ感染症で入院すると、死亡率や集中治療室に入るリスクが高かった。検証のために、その後21年1月13日までの1645人のデータで調べても、同様の結果が確認できたという。男女ともに、低酸素症になると、死亡リスクが高まることも分かった。

 調査では入院前にどの程度症状が続いていたのかなどは考慮されていない。チームは、一定の限界があることを認め、「さらなる大規模調査が求められる」と結んでいる。小坪遊