• アピタル

発達障害が強み ニトリ会長の「お、ねだん以上。」な話

有料会員記事

聞き手・鈴木彩子
[PR]

 「お、ねだん以上。」で知られるニトリホールディングス会長の似鳥昭雄さん(77)は、小学4年生になっても自分の名前を漢字で書けなかったという。営業も接客も整理整頓も全部苦手。それでも、一代で売上高7千億円の企業を築き上げた。実は3年ほど前、発達障害だということが分かったという。苦手を抱えながら、なぜ成功できたのか。

 ――東証1部上場企業の会長が、発達障害だとは知りませんでした。

 注意力が散漫なんです。今でもそうですけどね。人の言っていることをずっと聞けないんですよ。違うことを考えちゃうとかね。

 整理整頓もできなくて、机の上は書類だらけ。家は脱いだ服やら、何やらかにやらがそのへんにボンボン投げてあります。なくし物も多くて、身につけるありとあらゆる物をなくします。財布、カード、傘……。子どもを忘れてきたこともあったしね。

カバンを紛失、財布も忘れて…

 ――カバンに全部詰め込んで持ち歩いたりはしないのですか。

 カバンもいくつか持ったんだけどね、カバンそのものを忘れてきちゃうので、どうしようもなくて。

 だからもう、ポケットに入れるしかないんです。指定位置を決めていて、胸ポケットには名刺入れとメモパッド、ズボンの右ポケットは血糖値の測定器、左ポケットは常備薬、後ろの左右のポケットにはそれぞれ財布とスマホ。財布は、ほら(びよ~んと伸びるひもでズボンにくくりつけている)。これでも忘れてしまって、引きずって歩いていることもあります。

 ――スケジュール管理はどうされているのですか。

 最近はこれです(A3用紙の両面に、6カ月先までの予定をびっしりと書き込んだものを、六つ折りにして背広の胸ポケットへ)。秘書が毎週、更新してくれる。アイデアは、スマホに音声で吹き込んでおく。何を入れたか、忘れちゃうんですけどね。

 ――発達障害だとわかったきっかけは?

 3年ぐらい前なんですよ。テレビを見ていたら、発達障害の特徴や種類を紹介していて、ああ、そっくりだなと思ったんです。それで、専門の医師に診てもらって、自分でも本や文献を調べて、私は正真正銘の発達障害ADHD(注意欠如・多動症)なんだということがわかってね。

 記事の後半では、先生の話を1分も聞けずにいじめられた子ども時代や、仕事を転々としたサラリーマン時代を経て、人生観が変わったあるきっかけについて語っています。

 ――ショックを受けませんで…

この記事は有料会員記事です。残り3581文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら