熱波のカナダ49.5度 3日連続気温更新、死者相次ぐ

ニューヨーク=中井大助
[PR]

 カナダ西部の記録的な熱波は29日も続き、気象当局によると、ブリティッシュコロンビア州リトンでは午後4時20分に49・5度を記録した。リトンでは27日に46・6度、28日に47・9度を観測しており、3日連続で国内の観測史上最高気温を更新した。同州最大都市のバンクーバーの周辺では死者も相次いでおり、警察は熱波の影響としている。

 カナダ国内で観測された最高気温はこれまで、1937年の45・0度だったが、今回の記録はそれを4・5度上回る。カナダ公共放送のCBCは政府の気象学者の言葉として「この状況について、強すぎる誇張はない」と伝えた。

 太平洋沿岸にあり、涼しい気候で知られるバンクーバーでは28日に31・7度の最高気温を観測した。CBCによると、熱波が始まってから地元警察はバンクーバーやその周辺で100人以上の急死に対応しており、多くは高齢者という。リトンは、バンクーバーから約100キロ北東に離れた内陸にある。

 米国北西部も熱波の影響を受け、28日はワシントン州シアトルで42・2度、オレゴン州ポートランドで46・7度と観測史上最高を記録した。ただ、29日は太平洋から冷たい空気が入り、両都市を含む沿岸部の気温は下がっているという。(ニューヨーク=中井大助