「質の高いワクチンで支援」強調 G20外相会合が閉幕

マテーラ=大室一也、疋田多陽
[PR]

 イタリア南部マテーラで開かれた主要20カ国・地域(G20)の外相・開発相会合は29日、新型コロナウイルス禍からの途上国の復興支援などを盛り込んだ共同声明を採択した。声明では、質の高いワクチンを世界的に共有することの必要性を強調。持続可能な開発に向け、インフラなどの支援の際に透明性のある資金調達をする重要性についても触れた。

 一方、同日開かれた外相会合では、気候変動の問題やアフリカの開発などについて議論し、協調して行動することを呼びかけた。コロナ禍で十分な食料を得られない人々が増えかねないとして、農業開発支援や開かれた食料貿易の重要性などを盛り込んだ「マテーラ宣言」も採択した。

 議長国イタリアのディマイオ外相は閉幕後の記者会見で「今回の会合で我々は、有効な多国間主義を支援するという強いメッセージを送りたかった」と総括。「気候変動や持続可能な開発といった世界的課題は(個々の)国によるアプローチだけでは取り組めない」と国際協調の必要性を訴えた。

 会合には米国のブリンケン国務長官や日本の茂木敏充外相らが出席。中国の王毅(ワンイー)国務委員兼外相はオンラインで参加した。G20の首脳会合は10月末にローマで開かれる。(マテーラ=大室一也、疋田多陽)