運転手を危険運転容疑で送検 児童5人死傷「酒飲んだ」

[PR]

 千葉県八街(やちまた)市で28日、トラックが小学生の列に突っ込み児童5人が死傷した事故で、県警は30日、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕したトラック運転手、梅沢洋容疑者(60)を、同法の危険運転致死傷容疑で千葉地検に送検した。

 梅沢容疑者の呼気からは基準値を上回るアルコールが検出されており、「帰る途中に酒を飲んだ」と供述している。県警は、酒の影響で正常な運転ができなかった恐れがあるとし、法定刑の重い危険運転致死傷容疑の適用が妥当だと判断した。

 県警が今回選択した危険運転致死傷罪(同法3条)の規定は「アルコールまたは薬物の影響により正常な運転が困難な状態に陥り、(車の運転により)人を死傷させた者」の処罰を定めたもので、人を死亡させた場合は15年以下の懲役に処するとしている。一方、過失運転致死傷罪(5条)は「7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金」とされている。

 県警などによると、梅沢容疑者は事故前の数時間以内に飲酒した可能性があり、事故後、「人が飛び出してきたのでよけた」「左に急ハンドルを切ったところ、電柱にぶつかってしまった」と説明していた。

 しかし捜査関係者によると、現場近くの防犯カメラの映像からは人が飛び出してきた状況や急ハンドルを切った様子は確認されず、トラックが緩やかに左に進みながら電柱に衝突する様子が記録されていた。事故に巻き込まれた児童がトラックの下敷きになっていたとの目撃情報もあり、県警は事故直前の速度を分析するなどして事故発生時の状況を調べている。

 事故は28日午後3時25分ごろ発生。下校中の市立朝陽(ちょうよう)小の児童5人が巻き込まれ、男児2人が死亡。女児1人が意識不明の重体で、男児2人が重傷を負った。