コロナ感染で療養中に行方くらました男逮捕 覚醒剤容疑

[PR]

 覚醒剤を所持したとして逮捕され、新型コロナウイルスの感染判明後に釈放された男が療養先の大阪市北区のホテルを無断で外出し、22日から行方がわからなくなっていた問題で、大阪府警は30日午前、この男を大阪市城東区内で発見し、覚醒剤取締法違反容疑で逮捕し、発表した。

 男はホテルを抜け出した理由について、「奈良にいる友人に会いたかった」と話しているという。

 府警によると、男は韓国籍で、住居不定、無職劉翼空(りゅうよくくう)容疑者(20)。逮捕容疑は18日午前、他の数人と大阪市内の民泊施設で覚醒剤を共同で所持したというもの。容疑をおおむね認めているという。

 劉容疑者は18日に同容疑で現行犯逮捕された後、PCR検査で感染が判明。府警は任意捜査に切り替え、同日夜に釈放した。劉容疑者は翌19日から北区のホテル6階の客室で宿泊療養していたが、22日朝に連絡が取れなくなった。同日午後0時50分ごろに看護師が鍵を開けて客室内に入ると誰もおらず、窓のストッパーがこじ開けられ、全開になっていたという。

 府警は劉容疑者を指名手配して行方を捜していた。30日午前9時50分ごろ、捜査員が城東区の大阪メトロ今福鶴見駅のトイレにいるところを発見したという。