感染者出れば関係者全員を隔離へ 五輪合宿で政府方針

新型コロナウイルス

[PR]

 東京五輪パラリンピック新型コロナウイルス対策について、加藤勝信官房長官は30日の記者会見で、外国の選手団を受け入れたホストタウンなどで選手らに感染者が出た場合、選手団の関係者全員を隔離した上で、練習などの活動を停止する方針を明らかにした。当初の感染者以外について陰性を確認すれば活動の再開を認めるという。

 会見で加藤氏は「ホストタウンなどで感染者が出た場合には選手らの全員をいったん個室に入れ、活動を停止し、濃厚接触者でないこと及び再度の検査で陰性を確認してから活動を可能にする」と話した。ホストタウン向けに作った選手などの受け入れマニュアルを改訂し、こうした方針を盛りこむ。関係自治体には30日午前に説明会を開いて伝えたという。

 また、加藤氏は空港検疫で陽性者が判明した場合、空港で濃厚接触の疑いがある同行者を特定し、滞在先まで専用バスで移動させる方針も明らかにした。

 政府はこれまで、空港検疫で陽性者が確認された際の対応について「ホストタウンの受け入れ責任者が、責任を持って保健所と連携し、濃厚接触者に関する調査をする」(加藤氏)などと説明。陽性者が出たウガンダ選手団は、濃厚接触者にあたるかどうかの調査を受けないままホストタウンの大阪府泉佐野市へ移動しており、そうした政府の対応に批判が出ていた。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]