表具師が現代美術家とコラボ 「空間表装」に挑む異色展

有料会員記事

田中ゑれ奈
[PR]

 マウンティング、といっても対人関係で優位に立とうとすることではない。書画を掛け軸や屛風(びょうぶ)などに仕立てる「表装」を意味する。京都伝統産業ミュージアム(京都市左京区)の「スペース・マウンティング」は、古くから表装技術の中心地だった京都の表具師・井上雅博が現代アーティストらとコラボレーションして「空間表装」に挑む、異色の展覧会だ。

 渋みのある工芸品を予想していた目はのっけから裏切られた。英字で展覧会名を描いた壁画の手前では、サビの浮いた鉄枠による軸装がストリートの気分を漂わせている。今展監修者でもある井上のディレクションのもと、グラフィティアーティストのZENONEと、鉄鋼で造形作品を手がけるGRAND COBRAが組んだ作品だ。

 会場には表装の概念を拡張す…

この記事は有料会員記事です。残り579文字有料会員になると続きをお読みいただけます。