中国でマラリア撲滅 WHO認定、16年から感染者ゼロ

有料会員記事

瀋陽=平井良和
[PR]

 世界保健機関(WHO)は30日、中国でマラリアが撲滅されたと認定した。中国では2016年を最後に本土内での感染者は確認されておらず、3年以上連続の未確認というWHOの認定基準を満たしたという。

 東南アジアやアフリカなどが主な感染地域となっているマラリアは、原虫を持つ蚊に刺されることで感染し、高熱や筋肉痛などで死に至ることもある。

 中国では南部の雲南省などがこれまでの感染地域で、WHOによると、1940年代には年間3千万人程度の感染が報告されていた。80年代以降、蚊帳の配布や経済発展に伴う衛生環境の改善などで症例が減り、中国の衛生当局は2010年に20年までの撲滅を目指すと宣言。16年8月の感染者が本土内での感染の最後の症例となっていた。

 WHOの報告書によると、1…

この記事は有料会員記事です。残り167文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら