藤井聡太王位、防衛戦黒星スタート 豊島将之竜王が先勝

村上耕司
[PR]

 将棋の第62期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)の第1局は30日、名古屋市中区名古屋能楽堂で2日目が指し継がれ、午後3時35分、挑戦者の豊島将之竜王(31)=叡王と合わせ二冠=が、藤井聡太王位(18)=棋聖と合わせ二冠=に104手で勝った。初防衛を目指す藤井王位は黒星スタートとなった。第2局は7月13、14日に北海道旭川市で指される。

 1日目に戦端が開かれた対局は、2日目の再開直後から駒交換になる本格的な戦いに突入。激しい攻め合いの中、豊島竜王が徐々にリードを広げ、突き放した。持ち時間を藤井王位は1時間41分、豊島竜王は1時間40分残し、異例の早い終局となった。前期4連勝でタイトルを奪取した藤井王位は、王位戦七番勝負で初めて黒星を喫した。

 豊島竜王は「攻めていける展開になったので、正確に指せれば行けそうな気はしていた。(第2局は)コンディションを整えて、いい将棋を指せるように頑張りたい」、藤井王位は「正確に攻められて、かなり苦しくなった。粘り方が難しかった。早い時間の終局になってしまったので、第2局以降は熱戦にできるように頑張りたい」と話した。

 藤井王位は、王位戦と並行して行われている第92期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)では、挑戦者の渡辺明名人(37)=棋王・王将と合わせ三冠=に開幕から2連勝中。7月3日に静岡県沼津市で行われる第3局に勝てば、棋聖初防衛が決まる。村上耕司