• アピタル

ワクチン注射器、目盛りかすれ・形が変形 国の支給品

新型コロナウイルス

永沼仁、三ツ木勝巳
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種用に国が自治体に支給した注射器に、目盛りがかすれたり、形がゆがんだりしたものが含まれていたことが分かった。山梨県内では、使用をとりやめ、独自に注射器を発注した自治体もある。

 接種用の注射器は、国がワクチンの供給量に応じて国内外のメーカーの製品を各自治体に支給している。

 同県韮崎市では、集団接種の準備をしていた6月中旬、支給品の中から目盛りの数字がかすれたり、筒(シリンジ)が変形したりした注射器が複数見つかった。

 同市では、他にも不良品が交じっている可能性があるとして、支給品の使用を中止。予備の製品で対応し、県内で製造された6千本を追加調達した。市健康づくり課の担当者は「接種に問題が出たらと不安になった。国は検品しているのか」と不信感を募らせる。

 同県都留市では5月下旬、接種にあたった医師から「(筒内の)滑りが悪いものがある」と報告があった。国から届いた注射器は、通常使用するものより太く、目盛りの刻みも大きかったため、接種するワクチンの量を適切に計れなかったという。

 国に連絡すると「メーカーに問い合わせてほしい」との返答。市では、接種を計画通り進めるため、急きょ、1万2500本を独自に調達したという。国から支給された約7千本は廃棄する予定で、市の担当者は「国民の税金で購入したもの。責任をもって納品してほしい」と話す。

 県によると、国から支給された注射器の不具合の指摘は、医師や市町村の担当者が参加する県ワクチン接種検討会でも報告されたという。県の担当者は、不具合で自治体が代替品を購入した場合、補助の対象となることなどを説明している。

 厚生労働省健康課予防接種室では、県外からも同様の報告があることを認めた上で、「各自治体から報告があった場合、国からメーカーや販売元に連絡をして、再配送してもらっている」と説明している。(永沼仁、三ツ木勝巳)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]