認知症家族の資産どう探す? 「悪意ある親族」に苦慮も

有料会員記事

稲垣千駿、津阪直樹
[PR]

 生命保険の契約先を確かめられる新制度が7月に始まる。生命保険に限らず、認知症になった際や相続時の金融資産の取り扱いは、利用者にも金融機関にも切実な課題。証券界や銀行界も顧客の利便性に配慮した取り組みを進めるが、悪用を防いで資産を安全に保つ難しさにも直面している。

 新設される生保の問い合わせ制度と同様のしくみがすでにあるのが株式だ。

 株や上場投資信託(ETF)…

この記事は有料会員記事です。残り948文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら