介護家族に衝撃 8月から負担急増「なぜ、ここまで…」

有料会員記事

石川友恵、畑山敦子、編集委員・清川卓史
[PR]

 ここまで負担が増えるとは――。特別養護老人ホームなどで暮らす高齢者のうち、一部の人の利用料が、8月から大幅に上がる。制度見直しによって、介護保険施設の食費や部屋代への補助が減額・縮小されるためだ。在宅介護でショートステイ(短期入所)を使う人にも影響が及び、介護家族に衝撃が広がっている。

 「月2万2千円近い値上げは大きい。制度改正のたびに負担が増え、憤りを感じています」

 金沢市の特別養護老人ホーム「やすらぎホーム」に母親(97)が入居しているという男性(73)は話す。母が受け取る亡き父の遺族年金が年120万円を超すため、8月から食費への補助が減額される見込みだ。2人部屋で月額6万円前後だった利用料金(介護保険の1割負担と食費・部屋代、雑費)は、8万円以上に増える。

 同じ法人が運営する同市の「なんぶやすらぎホーム」に母親(87)が入居する男性(61)も、「なぜここまで一気に負担が増えるのか。納得できない」とショックを隠さない。

 母の預貯金が基準の500万円を上回るため、8月以降は補助が受けられなくなる見通しだ。個室で月額約10万円だった利用料金(介護保険の1割負担や食費・部屋代、雑費)は、月4万数千円の値上げになる計算だ。母の年金収入は年120万円を超えているため、預貯金が減って再び補助対象になっても、食費は従来より2万2千円近く増えることになる。

 なぜ、これほどの値上げにな…

この記事は有料会員記事です。残り2266文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら