「汚れてる」不安と闘った五輪 強迫性障害の米ボクサー

有料会員記事ボクシング

河崎優子
[PR]

 ボクシング女子フライ級の米国代表、バージニアホール・フクス選手(33)は13歳の頃、強迫性障害と診断された。意識しても避けられない強迫観念と、その不安を打ち消すための行為を過剰に繰り返す不安障害の一種。フクス選手の不安は「汚れ」だった。

 ボクシングを始めたのは大学時代。ボクサーの友人ができ、興味を持った。ボクシンググローブをはめ、リングの上で拳を突き出しているときは、汗をかこうが血が出ようが症状を抑えられたことも大きかった。

やめられない儀式 お風呂は「監獄」

 ただ、練習を終えて帰ると、シャワー室で「儀式」が始まる。使用前、使用後のスポンジを入れる二つの箱を準備し、20個ほど使って全身を繰り返し、繰り返し洗う。数時間続く日もあった。「やめたくてもやめられない。お風呂は私にとって監獄だった」

 コロラド州のトレーニングセ…

この記事は有料会員記事です。残り647文字有料会員になると続きをお読みいただけます。