日産は使えず…いつもと違うリリーフカー 五輪仕様はトヨタ製

野球

[PR]

 東京オリンピック(五輪)で、野球のメイン会場となっている横浜スタジアム。普段はプロ野球横浜DeNAベイスターズの本拠として使われているが、球場内の広告が覆われるなど「五輪仕様」となっている。救援投手が入場する「リリーフカー」もその一つだ。

 投手の座席はグラブの形をしており、足元の人工芝には、白色で各塁のベースや投手板など、上から見た野球場が描かれている。五輪パートナーのトヨタ自動車が作り、車の前後には、同社のマークが入っている。

 DeNAの選手がいつも乗っているリリーフカーは、球団がスポンサーシップを結んでいる日産自動車のものが使われている。だが、日産は五輪のパートナーではないため、使うことができない。