イチローなりきり、伝えるものは Aスイミング、スペイン代表の妙案

河崎優子
[PR]

 「イチローが、一塁蹴って、二塁を蹴って、そして三塁へ!」

 東京オリンピック(五輪)のアーティスティックスイミングのデュエットで、サッカー強豪国のスペインが選んだテーマは「野球」。野球の実況中継とリズミカルな曲が流れる中、縦じまのユニホームのような水着を着た2人が、水の中でイチロー大谷翔平になりきり、打っては投げる。

 「これや」

 ヘッドコーチの藤木麻祐子さん(46)は2019年3月、テレビでイチローの引退会見を見て「誇れる日本の象徴だ」と感じた。大谷や松井秀喜をはじめ、大リーグで活躍してきた日本人野球選手は数多くいる。

 スペインに住む藤木さんは「日本人だと自己紹介すると、すぐに信頼してもらえる。彼らのおかげで日本人に対する信頼度はとても高い」。そこで、彼らを演じて「日本」を表現しようと考えた。

 ハスキーな女性歌手の曲に野球の実況中継を重ね、コミカルに仕立てた。録音した野球の実況中継の数は120種類にも及ぶ。曲になじみ、重ねてもはっきりと聞こえるものを音楽家と選んだ。

 選手のイリス・ティオ(18)とアリッサ・オゾギナ(20)は、イチローのことを知らない。試合も見たことがなかった。藤木さんは「スペインで言うと、サッカーのメッシみたいな存在。スペインのサッカーファンが情熱をかけて応援するように、日本の野球ファンは熱い」とかみ砕いて伝えた。

 リアルを追求し、スペインの野球連盟の指導のもとでプレーし、試合も見に行った。毎朝のウォームアップは陸上でキャッチボール。3カ月続けて慣れてくると、水中でバットやグラブを持ってボールを打ったり捕ったりして、表現を磨いた。イチローが打席で袖をつまむ動きも再現する。

 2人の出番は8月3日夜。ティオは「日本のみなさんに、野球の試合で感じられるような熱を感じて楽しんでもらえるように、感情を爆発させる」と意気込む。(河崎優子)