五輪「おもてなし」中止 津田塾大生の起死回生はIT

有料会員記事

笠井正基
[PR]

 コロナ禍で、東京五輪は国内で予定されていた多くの事前合宿が中止となり、海外選手たちとの交流が制限された。海外からの観戦客の受け入れも断念しており、様々な「おもてなしイベント」が中止に追い込まれた。

 津田塾大学の総合政策学部がある千駄ケ谷キャンパス(東京都渋谷区)は、国立競技場東京体育館から「最も近い大学キャンパス」を売りに、学生約190人が交流イベント「梅五輪プロジェクト」https://umegorin.com/別ウインドウで開きますを企画してきた。当初は訪日観光客らを招いて、日本文化を発信するイベントを五輪期間中に3日間ほど開催する予定だった。

 だが、コロナ禍で一変した…

この記事は有料会員記事です。残り584文字有料会員になると続きをお読みいただけます。