柔道新種目の混合団体、日本は銀メダル 決勝でフランスに敗れる

柔道

[PR]

 東京オリンピック(五輪)は31日、柔道で新種目の混合団体が行われて日本は決勝で敗れて、銀メダルだった。柔道競技は終了し、日本勢が獲得したメダルは、金9、銀2、銅1の12個になった。

 体重別男女3人ずつの6人での争いには、12チームが参加。世界選手権では採用された2017年から4連覇している日本。初戦になる準々決勝のドイツ戦では、本来の女子52キロ級から一つ上になる57キロ級で出た阿部詩、男子73キロ級の大野将平が相次いで敗れる波乱があったが、その後の4人が勝ち、4―2で勝利。

 準決勝はロシア・オリンピック委員会との顔合わせになったが、1番目になった大野から4人連続勝利で4―0で終えた。決勝は世界選手権で3大会連続で準優勝しているフランスとの対戦となり、1―4で敗れた。