ロケット「MOMO」、3回目の打ち上げ成功 北海道で

中沢滋人
[PR]

 北海道大樹町宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST)は31日、同町の発射場で小型ロケット「MOMO」の7回目の打ち上げを行い、高度92キロ(速報値)に到達したと発表した。打ち上げ成功は今回で3回目。ISTは7月初めにもMOMOの打ち上げに成功している。

 MOMOは31日午後5時に打ち上げられ、約3分後に高度92キロに到達。同地点付近で機首内部に積んでいたスポンサー企業のフィギュア(全長約8センチ)を射出した。

 フィギュアには、海面に色を付ける着色料が搭載されており、午後7時前、発射場の沖合で発見・回収された。ISTは「全ての機器が正常に動作し、打ち上げは成功」としている。

 記者会見したISTの稲川貴大社長は「今回行った積み荷の射出、機体内映像のライブ配信の成功は国内民間で初めて。2回連続打ち上げ成功で、今後、MOMOの本格的商業利用に移る」と述べ、今後は開発中の人工衛星打ち上げ用ロケットZEROに開発資源を注ぐとした。

 IST取締役で実業家の堀江貴文氏は「回収できないかと思っていたが、回収できてよかった。ZEROを開発できる環境が整った」と述べた。

 ISTは2013年、「世界一低価格で、便利なロケット」をコンセプトとして、堀江貴文氏らの出資で設立された。17年から弾道飛行を行う小型ロケットMOMOの打ち上げを始め、19年5月に3号機で民間単独のロケットとしては国内で初めて宇宙空間への到達に成功した。

 現在、23年度の打ち上げを目指し、超小型人工衛星打ち上げロケット「ZERO」の開発も進めている。(中沢滋人)