五輪ゴルフ、存在意義に疑問 でも出場した松山英樹のモチベーション

ゴルフ

畑中謙一郎
[PR]

 東京オリンピック(五輪)のゴルフ男子は1日、最終ラウンドが始まり、日本代表の松山英樹もスタートした。松山は首位と1打差の単独2位から金メダルに挑む。

 2016年リオデジャネイロ五輪で、112年ぶりに正式競技として復活したゴルフ。当時、大会の1年以上前から、日本のゴルフ団体やメディアは、松山が当然出場するものと考えていた。

 そんなさなか、普段は言葉を選びながらメディアにコメントする松山が、珍しく本音を口にした。

 「オリンピックがすごい大会であることはわかります。でも、プロゴルファーにとってオリンピックって、どうなんでしょうか。よくわからないんです」

 記者たちに問いかけるようにつぶやいたのだ。

 「メジャー大会で優勝する」という夢を追いかけてプロになった松山にとって、ある意味、当然の疑問だったと思う。

 結局、松山はブラジル国内で流行していた「ジカウイルス感染症(ジカ熱)」を理由に日本代表を辞退。代わりに東北福祉大の先輩でもある池田勇太が出場した。

 五輪におけるゴルフをどう位置づけたらいいのか。選手だけでなく、ゴルフに携わる人たちの多くも明確な答えを持ち合わせていない。

 ゴルフはプロスポーツとして成熟している。世界最強のゴルファーを決める晴れ舞台は、マスターズ全米オープン全英オープン、全米プロ選手権という四つのメジャー大会だ。世界中に中継され、優勝者はステータスと巨額の賞金を手にする。

 五輪はどうか。出場人数はメジャー大会の半分程度の60人。出場国が偏らないように最強の米国でも4人しか出られないルールで、出場60人の中にはメジャー大会ではなじみのない選手もいる。おのずと、全体の競技レベルはメジャー大会より低くなる。五輪競技としての存在意義がどこにあるのか、疑問に思うゴルフ関係者がいて不思議はない。

 今回、その松山が五輪に出場したのは、自国開催である点に尽きると思う。大きなモチベーションになっているのが、会場の霞ケ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市)の存在と言っていいだろう。

 国内屈指の名門コースで、毎夏、プロへの登竜門「日本ジュニア選手権」が開催される。日本のジュニアにとっては「聖地」。丸山茂樹宮里藍横峯さくら石川遼ら名だたる選手たちがこの大会から巣立っていった。

 松山自身も高知・明徳義塾高3年で出場した09年の日本ジュニアで優勝。翌年に同コースで行われたアジアアマ選手権では、日本勢として初優勝を果たし、日本のアマ初のマスターズ出場権を獲得している。

 開催コースが未定だった時期も「できれば、霞でやって欲しい。その思いは人一倍強い」と話していた。

 最終日に松山と同組で回るのは、単独首位のザンダー・シャウフェレ(米)だ。松山が制した4月のマスターズで、最後まで優勝を争った。松山は思い出のコースで、因縁の相手と金メダルをかけてプレーする。(畑中謙一郎)