米競泳のドレセル、世界新で三つ目の金 「怪物」の後継、狙うは5冠

競泳

木村健一
[PR]

 24歳のケーレブ・ドレセル(米)が男子100メートルバタフライで自身の持つ世界記録を0秒05更新し、今大会三つめの金メダルを獲得した。「水の怪物」と称されたマイケル・フェルプス(米)の後継者は「今日は忙しかった」と苦笑い。

 バタフライから46分後の50メートル自由形準決勝を全体1位で突破し、27分後に混合400メートルメドレーリレー決勝でアンカーを務めた。8位から追い上げたが、5位に終わり、「米国のスタンダードは金メダル。受け入れられない」と悔やんだ。

 コロナ下で練習場所を探してプールを渡り歩き、ガレージでトレーニングしたという。「五輪を開いてくれて感謝している」

 2016年リオデジャネイロ五輪はリレーで二つの金メダルを手にし、17年世界選手権は7冠だった。「終わるまで振り返らない。今日は昼寝したい」。最終日の1日、50メートル自由形と男子メドレーリレーで5冠を狙う。木村健一