千葉市の海水浴場、閉鎖へ 同じ公園のプールは営業継続

新型コロナウイルス

稲田博一、川上眞、上保晃平
[PR]

 県内に緊急事態宣言が出ることを受け、千葉市鴨川市館山市、御宿町は、すでに開設した海水浴場を宣言が出る8月2日から閉鎖などにすると発表した。関係者からは「緊急事態宣言がこんなに早く出るとは」とため息が漏れた。

 千葉市は8月2日から、稲毛海浜公園(千葉市美浜区)のいなげの浜海水浴場での遊泳を禁止にする。砂浜での日光浴や波打ち際での水遊びは可能という。公園のプールは感染防止対策を徹底し、営業を続ける。

 いなげの浜に両親と海水浴に訪れた松戸市の小学6年の男子児童(12)は、遊泳禁止になることを知り「今日は楽しかった。夏休みなのに楽しむところがどんどんなくなっていく」と肩を落とした。

 小学4年の娘(10)と自由研究のための貝殻集めに訪れた東京都の主婦(40)は「ここはあまり混んでいないが、プールだと密になる。今度は泳ぎに来ようねとさっき話していたところなのに」と、遊泳禁止の決定に驚いていた。

御宿、館山、鴨川も海水浴場を閉鎖

 御宿町も2日から現在オープンしている海水浴場2カ所を閉鎖すると発表した。7月17日にオープンし、これまでに延べ約1万人でにぎわっていた。8月29日までの予定だった。

 町観光協会の職員は「去年と比べても感染が拡大しており、閉鎖は仕方がないかと思う。しかし、4連休を中心ににぎわっていたので残念」と話した。

 館山市鴨川市も、2年ぶりに開設した海水浴場を8月2日から閉鎖する。両市とも市内それぞれ4カ所で7月22日から開設していた。閉鎖に伴って各駐車場も閉鎖する。安房地域の南房総市と鋸南町は昨夏に続いて、今夏の海水浴場の開設を見送った。(稲田博一、川上眞、上保晃平)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]