陸上男子100メートル、日本3選手予選敗退 山県亮太は10秒15

陸上

[PR]

 東京オリンピック(五輪)第9日の31日、陸上の男子100メートル予選があり、日本の3選手はいずれも予選落ちした。

 9秒95の日本記録をもつ山県亮太は3組を走って10秒15の4着にとどまり、小池祐貴は10秒22の4組4着。多田修平は10秒22で1組6着に終わった。準決勝へ自動的に進める各組3着以内に入れず、4着以下でも準決勝に進めるタイム上位3人にも食い込めなかった。