ボクシング入江聖奈「オフはカエルに費やします」 癒やされて頂点へ

有料会員記事ボクシング

河崎優子
[PR]

 東京五輪・ボクシング女子のフェザー級準決勝で31日、入江聖奈(せな)が英国選手を破り銀メダル以上を確定させた。

 大好きなカエルにちなみ、入江聖奈(せな)がこの日のために伊田武志・女子強化委員長と一緒に考えたのは「強気のツノガエル作戦」。ドシッとしたいでたちのツノガエルをイメージし、後ろには引かず、常に相手に圧をかけるような前への姿勢を心がけた。

 判定が割れて迎えた3ラウンド目。入江は苦しい中でもパンチをよけては打ち返し、流れを相手に渡さなかった。3―2の接戦を制し、笑顔で両手を上げ、カエルのように跳びはねた。

 20歳の女子大生だが、「渋…

この記事は有料会員記事です。残り452文字有料会員になると続きをお読みいただけます。