受講料25万円 育成のガンバ、ビジネス人材も育てます

有料会員記事

金子智彦
[PR]

スポーツ好奇心

 ビジネスパーソンも育成? 若手選手の発掘、指導に定評があるサッカーJ1ガンバ大阪が今年、スポーツビジネスの現場で輝く人材を育てる講座を開設した。秋には受講生発案の企画を「リアル」で行う。受講料はしめて25万円だ。

 「新たな自分に生まれ変われれば人生は好転する。今なお未熟な僕でも成長できるんだな、と思ってくれれば」

 6月24日夜、ガンバ大阪サッカービジネスアカデミー(GBA)のオンライン講義があり、記者も聴講した。

 講師は元ガ大阪MFの嵜本(さきもと)晋輔さん。出場機会には恵まれず3年で戦力外通告を受けたが、引退後、親の事業を継ぐ形でブランド品のリユース事業を展開する。社長を務めるバリュエンスホールディングスは2018年、東証マザーズに上場した。

 約50分の講義の後、チャット欄には質問が相次いだ。「スポーツビジネスの価値を上げるための企業との連携策とは?」。議論は具体的で、約30人の参加者の真剣さが伝わってきた。

 クラブがGBA開講を発表し…

この記事は有料会員記事です。残り1002文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら