いつある解散・総選挙 五輪・パラ直後? 経済対策後?

有料会員記事

楢崎貴司
写真・図版
[PR]

 今秋に実施される公算が大きい衆院解散・総選挙。自民党総裁菅義偉首相のもとで行われる選挙の時期はどのようなケースが想定されているのか。東京五輪パラリンピックの成否や新型コロナウイルスのワクチン接種の進み具合にも大きく左右されそうだ。

 「オリンピック、パラリンピック中には、菅総理も解散はしないと思いますので、その後必ず任期満了までにはあると思う」。自民党の山口泰明選挙対策委員長は1日、自身が所属する派閥の会合で語った。

 東京五輪や、その後のパラリンピックの期間中の解散も可能だが、党内ではその間の解散は難しいとの認識が大勢だ。一方、菅首相の党総裁任期は9月末。首相はこれまで、その任期前に自らの手で解散する考えを示している。

 通常であれば9月の総裁選に向け、8月末までに総裁選日程を公表することになっている。だが、総裁任期前の解散という首相の意向を踏まえ、党幹部は3カ月程度の任期延長を検討中だ。総選挙で勝てば、続く総裁選で首相の無投票再選の道が開けるとの意図もうかがえる。

 任期が延長された場合、衆院選に向けて想定されるのは大きく分けて三つのケースだ。

 まず、①パラリンピックの閉…

この記事は有料会員記事です。残り849文字有料会員になると続きをお読みいただけます。