主将に山県亮太、副主将は石川佳純 東京五輪日本選手団

[PR]

 日本オリンピック委員会(JOC)は1日、東京オリンピック(五輪)日本選手団の主将に陸上男子短距離の山県亮太選手(29)=セイコー=、副主将に卓球女子の石川佳純選手(28)=全農=を起用すると発表した。

 ロンドン、リオデジャネイロに続いて3回目の五輪となる山県は「大きな責任を感じています。非常に難しい状況ですが、私たちがやるべきことは変わらないと思います」とコメント。同じく3回目の石川は「この舞台に立てる有難(ありがた)さを感じながら、本番では全力を尽くすことで、一人でも多くの方に前向きな気持ちになってもらえれば嬉(うれ)しいです」と述べた。

 前回の夏季大会、リオデジャネイロ五輪は、レスリング女子の吉田沙保里さんが主将を務めた。