社有車、社員に休日貸し出し トヨタが法人向けサービス

三浦惇平
[PR]

 業務で使わない社有車を、従業員が安く借り受けてプライベートで有効に活用する――。こんな仕組みを簡単に導入できる車両管理システムを、トヨタ自動車が法人客向けに販売する。会社は福利厚生の充実と、車両コストの削減を両立できる。

 会社の従業員はスマートフォンやパソコンから、車の利用予約をする。業務利用のほか、業務で使わない時間帯は、プライベートで使うための予約もできる。通勤や、休日にレンタカー代わりに使うことも可能だ。従業員に貸し出す際の料金は、各社で設定する。

 今年8月から、販売店やトヨタレンタリース店で順次、取り扱いを始める。システム利用料は、1台あたり月額税込み990円。業務利用のみのプランは、同550円。24時間無人で鍵の受け渡しができる「キーボックス」(同1760円~)も、オプションで導入できる。トヨタ車以外も利用できる。(三浦惇平)