明石市長「国は責任もって対応を」 ワクチン供給不足で

新型コロナウイルス

天野剛志
[PR]

 兵庫県明石市は、新型コロナウイルスのワクチン接種について、7月5日以降に順次予定していた59歳以下(基礎疾患なし)の予約の受け付けを延期すると発表した。国からのワクチン供給が当初の見込みより大幅に減ったためで、今後の予定は未定という。泉房穂市長が6月30日に会見して明らかにした。

 市は、12歳以上の希望者について9月末までに終える計画を6月7日に発表していた。医療従事者や高齢者施設従事者、基礎疾患のある人、60歳以上については予定通りという。しかし、7月6日に見込んだ47箱(1箱1170回分)のうち実際に来るのが22箱と判明。それ以降の数もはっきりせず、59歳以下の計画の見直しに踏み切った。

 泉市長は「市民に申し訳ない」と謝罪したうえで、「ワクチンの確保と供給は国が責任をもって対応して欲しい。足りないのであれば、それもちゃんと説明して欲しい」と述べた。(天野剛志)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]