吉村知事「宣言地域にワクチン優先を」 河野大臣に要望

久保田侑暉
[PR]

 大阪府吉村洋文知事は2日、新型コロナウイルスワクチンの政府内の調整を担う河野太郎行政改革相と面会し、これまでに緊急事態宣言が発出された地域に優先的にワクチンを配分するよう要望した。

 大阪府内では大阪市などで接種計画に見合うワクチンが供給されない懸念が出ている。要望書では、緊急事態宣言が発出された地域などを「ワクチン接種重点地域」に指定、「集中的、重点的にワクチンを供給する」よう求めている。

 東京都千代田区内閣府を訪れた吉村知事は「リスクの高いエリアに対してワクチン接種のスピードを落とすのを避ける対応が非常に重要だ」と強調。これに対し、河野行政改革相は「意見をうかがいながら、しっかり配給していきたい」と語った。

 感染状況に応じてワクチン供給の重点地域を設けるよう求めた吉村知事の要望について、加藤勝信官房長官は2日午前の記者会見で、「そうした指摘の一方で、逆にもっと地方に、という声もある」と述べた。そのうえで「バランスをどう取っていくか、都道府県や市町村の声にしっかり耳を傾けていきたい」と語った。(久保田侑暉)