北海道で2例目のデルタ株疑い 道検査で判明

新型コロナウイルス

榧場勇太
[PR]

 北海道は2日、新型コロナウイルスの変異ウイルス・デルタ株への感染が疑われる事例が一例確認されたと発表した。道内では6月末に札幌市内で感染疑いが一例確認されており、2例目となる。

 道立衛生研究所で1日夜、PCR検査の陽性者から抽出するスクリーニング検査で判明した。道の検査での判明は初めて。道によると、デルタ株への感染が疑われているのは道外在住の30代女性の旅行者で、不特定多数の人との接触はなく、道内での濃厚接触者は確認されていないという。

 デルタ株はインドで確認されて世界各地に広がり、感染力が強いとされる。道は新型コロナの陽性者のうち、感染経路のわからない患者全員に原則スクリーニング検査を実施しており、今月1日までに約1200件の検査を実施している。(榧場勇太)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]