• アピタル

協会けんぽ、過去最高の黒字 コロナで受診控えか支出減

新型コロナウイルス

滝沢卓
[PR]

 主に中小企業で働く会社員らの公的医療保険を運営する全国健康保険協会協会けんぽ)は2日、2020年度の決算が6183億円の黒字で過去最高になると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で保険料収入が減る一方、医療機関の受診控えなどを背景に医療費支出も減り、11年連続で黒字となった。

 協会けんぽは中小企業の会社員ら約4千万人が加入する。

 保険料が中心の収入は、前年度比1・0%減の10兆7650億円だった。コロナ禍で企業業績が悪化して会社員の給与が落ち込んだほか、保険料の支払いが猶予されるケースが相次いだことが影響した。一方、医療費を含む支出は1・8%減の10兆1467億円。支出の減少は、協会けんぽができた08年度以降で初めてという。

 ただし、21年度に入ってからは医療費支出がコロナ感染前の水準に戻りつつある。75歳以上の医療費を支えるために出している支援金も少子高齢化によって増える見込みだ。担当者は「(昨年度の)支出減は異例で、今後の収支は楽観できない」と話す。滝沢卓

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]