IT室幹部がNTTデータと会食 平井大臣「事実では」

有料会員記事

[PR]

 平井卓也デジタル改革相は2日午前の閣議後会見で、内閣官房IT総合戦略室の幹部が昨年10月から12月の間に、NTTやNTTデータ幹部と計3回の会食をしていた可能性があるとした週刊誌報道について、「会食したことは事実ではないか、と事務方から報告を受けた」と語った。利害関係者に当たるかどうかは「私が判断するものではない」とした。

 1日発売の週刊文春は、IT室の向井治紀室長代理が昨年10月と昨年12月にNTT幹部から、昨年11月にはNTTデータ幹部から、それぞれ高額の接待を受けた疑いがあると報道した。

 NTTとの2回の会食には平井氏も出席していた。IT室は昨年12月の会食に向井氏が出席していたことはすでに認めており、国家公務員倫理規程が定める届け出については「(届け出が必要な)利害関係者にあたらないと考えた」と向井氏が説明したとしている。NTTデータ広報は取材に対して、「個別の会食に関するお問い合わせへのお答えは差し控えさせていただく」としている。

 IT室は2日夕、NTTデータとの会食について、向井氏から「利害関係者との会食」として届け出があったことを明らかにした。届け出の時期や費用負担については「不明」としている。

 平井氏はこうした会食を巡り…

この記事は有料会員記事です。残り217文字有料会員になると続きをお読みいただけます。