30年超続いた不正の根 三菱電機の「おごった考え」

有料会員記事

柴田秀並 小出大貴、平林大輔 磯部征紀、伊藤嘉孝
[PR]

 三菱電機の検査不正問題は、経営トップの杉山武史社長の引責辞任につながった。会社側は製品の安全性は確保されているとするが、調査結果や再発防止策の公表は9月になるという。組織的な不正関与も認めており、信頼回復には時間がかかりそうだ。

 「30年以上続いたということは組織的に(不正を)受け継いできたということ。組織的な不正行為だったと認めざるを得ない」

 杉山氏は2日の会見で頭を下げた。三菱電機は鉄道用の空調設備で国内シェア6割超とトップを誇る。製造を手がける長崎製作所で検査偽装が続いていた。検査工程を自動化する過程で不正が見つかったという。

 会社側は、偽装があったとしても別の試験やシミュレーションなどで安全性は確認したとする。空調設備の製品出荷後の不具合は過去18年で846件報告されていた。改めて調べたところ、検査偽装が原因と思われるものはなかったという。会見では担当役員が「安全であり、品質面も所定の性能を満たしている」と強調した。

 一部の検査で架空データを自動で作成する「専用プログラム」を、1990年ごろから使っていたことも正式に認めた。検査したかのようなデータをつくるもので、杉山氏は「日本語で言うと偽装ととらえざるを得ない」と語った。

 検査偽装はなぜここまで続い…

この記事は有料会員記事です。残り2362文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら