集団接種、10日間で6千人分の空き さいたま市の会場

新型コロナウイルス

上田雅文
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種を加速させようと、さいたま市が開設した集団接種の特設会場の一つ、市営桜木駐車場(同市大宮区)で接種枠の「空き」が目立っている。6月21日の運用開始から月末までの10日間で空いた枠は約6千人分。市はその枠を活用し、市内の保育士や接種スタッフら計233人に接種した。

 1日にあった市議会本会議で吉田一郎氏(無所属)に対する答弁で明らかになった。

 高齢者向けのワクチン接種をめぐっては、市は400超の医療機関での個別接種と区役所などでの集団接種に加え、特設会場として市営桜木駐車場(1日1500人規模)と、同市南区の浦和競馬場第1駐車場(同1千人規模、6月29日運用開始)の2カ所を設置し、運用している。

8割が空いた日も

 市の説明によると、このうち、市営桜木駐車場の特設会場の空き枠は、初日の6月21日が7人分、22日が155人分、27日が1079人分などと続き、29日には1202人分、接種規模のおよそ8割の空きが生じた。

 6月30日時点で、市が接種予約に必要な接種券を配布しているのは65歳以上で、同日には60~64歳にも発送を開始。こうした空き状況などを踏まえ、この年齢層の接種予約開始日を当初の7月7日から前倒しし、特設会場での接種予約に限り、2日から始めた。

 12~59歳への接種券発送は7月末までに順次、行われる予定だが、前倒し発送による空き枠の解消について、市保健所は「接種券の印刷や封入に時間がかかるため、難しい」。空きが生じた場合、「教職員が接種するなど検討していく」としている。(上田雅文)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]